見出し画像

【WHAT WE DO】アイデアがひろがるヒト図鑑『THE JOB』について

はじめまして、THE JOB編集部です。
この度、アイデアがひろがるヒト図鑑『THE JOB(ザ ジョブ)』をスタートしました。

本記事では、ご挨拶の代わりに『THE JOB』がどういったメディアなのか、これからどんな内容をみなさまに発信していくのか、そして一風変わったメディア運営体制について、ご紹介をさせていただきたいと思います。

01_『THE JOB』が考えていること、お届けしたいこと

画像5

「何者になりたいか?」
それは誰しもが考えたことのあるテーマだと思います。働き方や生き方、あらゆる選択肢が多様に巡らされているこの時代。

「あなたはどんな人ですか?」
「何をされている方ですか?」
「どんな人になりたいのですか?」

何者かを語る上で、どんな業界で、どんな役職で、どんな領域で、といった「肩書き」に注目が集まっているように感じます。「肩書き」は自分自身の座標を指し示すもの、大切なものです。ただ、「肩書き」は決してすべてじゃない。このメディア『THE JOB』の目線は、

画像5

『THE JOB』は、日々「働く」と向き合い、迷い、悩み、考え、挑戦したい!何かを変えたい!という人たちの「アイデアがひろがるヒト図鑑」として立ち上がりました。これから、様々なコンテンツを通じて、アイデアがひろがるきっかけをお届けしていきます。

02_今後のコンテンツラインナップ

『THE JOB』では、様々な肩書きのゲストの方々をお招きし、対談インタビュー形式の記事コンテンツを中心に発信を行なっていきます。人と人の思考の化学反応から生まれるアイデアや気付きをお楽しみください。

また、対談に限らず様々なコンテンツをこれから展開していく予定です。いずれも、『THE JOB』の共通点は、

「肩書き(何者か)」を始発点に、肩書きに捉われないその仕事の「動機と本質」をカタチにすることです。


03_オンラインサロン発!?一風変わったメディア運営体制

『THE JOB』は、編集プロダクションや企業の公式アカウントではなく、オンラインサロン「社外取締役」発のプロジェクトです。
メディアの企画や運営を行う編集部はオンラインサロンのメンバーで構成されており、建築、エンターテインメント、ファッション、フードなどの様々なカルチャーに精通したメンバー、様々な起業家や、クリエイター、マーケター、アーティストなどが所属しています。

<社外取締役について>

「株式会社社外取締役」は、建築設計事務所 SUPPOSE DESIGN OFFICE 代表 谷尻誠、BETSUDAI Inc. TOKYO CEO 林哲平、BEAMS コミュニケーションディレクター 土井地博の3名によって設立。

画像1

谷尻 誠(建築家・起業家)
建築設計事務所 SUPPOSE DESIGN OFFICE設立。国内外多数のインテリア・住宅・複合施設プロジェクトを手がける。穴吹デザイン専門学校特任講師、広島女学院大学客員教授、大阪芸術大学准教授。新しい考え方や関係性の発見をテーマに建築の可能性を提案し続けている。

画像2

土井地 博(ディレクター)
コミュニケーションディレクター。ビームス所属。PRのみならず各コラボレーション事業やイベントの窓口として担当。各事業や音楽イベント、アートイベント等を手掛けるの中心人物として長年業務を行っている。自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「BEAMSTOKYO CULTURE STORY」がInterFM897、Radio NEO、FM COCOLOの3局ネットにて放送中。ラジオパーソナリティーの他、大学非常勤講師、 司会業、各講演など仕事は多岐にわたる。

画像3

林 哲平(マーケティングプロデューサー)
広告、出版系の企業にて、映画・ファッション業界をはじめ、様々な企業の広告・プロモーションに関わる。ベツダイ入社後は、グッドデザイン受賞住宅「ZERO-CUBE」のブランディングを担当。2010年より、新築規格住宅のフランチャイズ『LIFE LABEL』、住宅エンターテインメントメディア『Dolive』の2つのネットワーク主宰。

以上が、アイデアがひろがるヒト図鑑『THE JOB』のご紹介です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

SNSでも更新情報をお伝えしていきます。
ぜひアカウントフォローいただけますと幸いです。

■Twitter https://twitter.com/THEJOB_official
■IG https://www.instagram.com/thejob_media

「人」にフォーカスしたテーマを扱うことは、非常に勇気も必要ですが、このメディアが読者のみなさま、そしてゲストの方々の、「好きなこと」「希望」「夢」「アイデア」のきっかけとなりますように、励んでいきます。今後も『THE JOB』の発信をお楽しみにしてください。

▼ 現在公開中の記事はこちらです。もしよろしければ覗いてみてください。


この記事が参加している募集

私の仕事

【「肩書き」を通してその仕事をのぞくと、肩書きに捉われない「働く」の動機と本質が見えてくる。】 『THE JOB』は、現代の働き方や生き方のヒント・アイデアをお届けするメディアです。あなたの当たり前が、私の発見になる。そんな気付きのバトンを回していきます。