マガジンのカバー画像

THE JOB【無料】記事コンテンツ

18
運営しているクリエイター

#仕事

【後編】お花と植物、自然のモノを幸せに変える仕事対談。ふたりのクリエイターの目線に映る景色とは?

こちらは対談の【後編】記事です。【前編】記事はこちらからご覧ください。 * ー 本企画では、Life Green Planner 森田 紗都姫(もりた さつき)さん。フラワースタイリスト 大貫清香(おおぬき さやか)さんのお二人の対談をお届けします。「花・植物を扱うお仕事」という共通点と、一方でそれぞれ「企画をするプランナー」「コーディネートするスタイリスト」と異なる肩書をお持ちです。前編に引き続き、それぞれの仕事の違いやその芯にある考え方についてお伺いしました。 *

スキ
7

目の前の「人」を最大限にもてなす。「接客」という仕事の真髄をひも解く(後編)

こちらは対談の【後編】記事です。【前編】記事はこちらからご覧ください。 ヘアーアーティストRISAさん、レストランマネージャー支配人GOさん。 今回はお二人に3つのテーマについて、トークしていただきました。 * 中村 梨沙(なかむら りさ) 美容師 株式会社Kiitos 代表取締役社長 経歴 ▪️千葉県大手美容室勤務(10年)内、一年香港店に勤務 ▪️同僚独立開業のオープニングをアシスト3年間 ▪️2014年8月8日独立「Kiitos」オープン  人も物も末永く大切に

スキ
14

目の前の「人」を最大限にもてなす。「接客」という仕事の真髄をひも解く(前編)

今回のゲストは、ヘアーアーティストRISAさん、TRANSIT GENERAL OFFICEレストランマネージャー支配人GOさん。「接客」というフィールドで活躍されているお二人に、3つのテーマについてトークしていただきました。 * 中村 梨沙(なかむら りさ) 美容師 株式会社Kiitos 代表取締役社長 経歴 ▪️千葉県大手美容室勤務(10年)内、一年香港店に勤務 ▪️同僚独立開業のオープニングをアシスト3年間 ▪️2014年8月8日独立「Kiitos」オープン  人

スキ
16

新しい“当たり前”が地球規模の「幸せなループ」を生み出す(後編)

こちらは対談の【後編】記事です。【前編】記事はこちらからご覧ください。 “持続可能な、ずっと続けていくことができる”というのがもともとの意味である「サステナブル」という言葉。昨今では社会活動としても欠かせないキーワードとなっています。 「自然環境保護や社会問題の解決により、経済や社会を持続させる考え方」がサステナブルの定義ですが、どんなことがサステナブルで、何をしたらいいのか理解を深められていない人も多いのではないでしょうか。SDGsとも密接な「サステナブル」について、これ

スキ
20

新しい“当たり前”が地球規模の「幸せなループ」を生み出す(前編)

“持続可能な、ずっと続けていくことができる”というのがもともとの意味である「サステナブル」という言葉。昨今では社会活動としても欠かせないキーワードとなっています。 「自然環境保護や社会問題の解決により、経済や社会を持続させる考え方」がサステナブルの定義ですが、どんなことがサステナブルで、何をしたらいいのか理解を深められていない人も多いのではないでしょうか。SDGsとも密接な「サステナブル」について、これから私たちはどう考えていくことができるのか―。 そのヒントを探るべく、今回

スキ
30

【福祉対談】福祉業界からハッピーをお届け「タブーと戦うモノたちの軌跡」

ビジネス視点がタブーとされやすい福祉業界で、高齢者や障害者の訪問診療に特化した歯科の経営者、そして障害者のグループホームでの管理責任者をしながら福祉従事者の教育にも関わるスーパーバイザーコンサルトという肩書が違うお二人ですが、人材業界から福祉業界にこられた共通点とお二人が不足していると考えるビジネスの視点から今の福祉業界の問題点とこれからのあり方についてお伺いしました。 * ■前田伊織 1986年生まれ、美容専門学校卒業後、フリーランスでWEBディレクターを行う。パーソル

スキ
18

0→1を生み出し続けるデザイナーに聞く!これからの「つくる」に必要な価値観と視点とは?【前編】

全国の眼鏡セレクトショップに展開されている「YUICHI TOYAMA.」デザイナーであり、今や世界的にも活躍するアイウェアデザイナー外山 雄一(とやま ゆういち)。 世代問わず、数多くのミュージシャンや業界人からの支持も熱い、渋谷のアパレルブランド[Milok](ミロック)のデザイナー古口 悠(こぐち はるか)。 ブランドを運営する会社の「代表取締役」を務めながら、「デザイナー」としても、モノづくりの始発点である0→1を自身で担われている両者。日頃から交流のあるお二人に、

スキ
36

0→1を生み出し続けるデザイナーに聞く!これからの「つくる」に必要な価値観と視点とは?【後編】

こちらは対談の【後編】記事です。【前編】記事はこちらからご覧ください。 * 全国の眼鏡セレクトショップに展開されている「YUICHI TOYAMA.」デザイナーであり、今や世界的にも活躍するアイウェアデザイナー外山 雄一(とやま ゆういち)。 世代問わず、数多くのミュージシャンや業界人からの支持も熱い、渋谷のアパレルブランド[Milok](ミロック)のデザイナー古口 悠(こぐち はるか)。 ブランドを運営する会社の「代表取締役」を務めながら、「デザイナー」としても、モノ

スキ
36

【前編】お花と植物、自然のモノを幸せに変える仕事対談。ふたりのクリエイターの目線に映る景色とは?

ー 本企画では、Life Green Planner 森田 紗都姫(もりた さつき)さん。フラワースタイリスト 大貫清香(おおぬき さやか)さんのお二人の対談をお届けします。「花・植物を扱うお仕事」という共通点と、一方でそれぞれ「企画をするプランナー」「コーディネートするスタイリスト」と異なる肩書をお持ちです。それぞれの仕事の違いやその芯にある考え方についてお伺いしました。 * 森田 紗都姫(もりた さつき) Life Green planner ガーデンデザイナー/グリ

スキ
46

【照明対談】「あかり」の魅力を引き出す空間の仕掛け人が語る「照明業界」の今とこれから。

空間をデザイン、演出する仕事の中でも「照明」に特化した仕事を担う人たちがいる。今回お招きするのは、映像やインスタレーション、プロジェクションマッピングなど、空間全体の演出を手掛ける「株式会社ネイキッド」の佐藤 智則(さとう とものり)さん、建築、空間照明からイルミネーションなどのライトアップイベントまで様々な照明設計・演出をデザイン企画している「u.L.s株式会社」の牛込 慎介(うしごめ しんすけ)さんのお二人。「照明」を「あかり」と捉え、空間と光、その関係性に向き合い続ける

スキ
35

【秘書対談】人のパフォーマンスを最大化するチカラ。秘書から紐解く、人と働く仕事学。

「秘書」というお仕事、どのようなイメージを持たれていますか?例えば「社長や上司のスケジュール管理をする人」や「付き人のようにずっと一緒にいる人」のようなイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?テレビドラマで見たことがあったり、自分が務める会社に秘書の方がいたりと、その存在をなんとなく感じていつつも、実際にどのような仕事をしているのか、あまり公には知られていないのではないでしょうか? 今回は、そんな「秘書」として活躍経験のあるお二人を招き、そのお仕事内容を紐解

スキ
32

食の提案者が捉える「広める」と「伝える」。飲食の情報発信と、その可能性。

昨今において、業界を問わずその重要性がフォーカスされているのが「情報発信」。SNSを始め、コロナウィルス感染症拡大の状況下で大きく発展したオンラインコミュニケーションツール。多様に展開されるビジネスシーンにおいて、適切かつ効果的な販促を行なっていくことは、もはやNEW  STANDARDとなっている。今回はそんな中、現在苦しい状況を強いられている業界の一つ、飲食業界をピックアップ。飲食店の経営者や、「広める・伝える」ことを目的とする事業体の方まで、食に携わる3名をお招きし、幅

スキ
27

【建築設計対談】建築家は何にでもなれる? 肩書きの枠を「飛び越える」ものたち

一級建築士という肩書でも意匠設計、設備設計、構造設計、施工管理と携わる業種によって求められるスキルが異なります。今回は、意匠設計の「建築家」という肩書に焦点を絞り、その中でも住宅設計をメインとする「個人」設計事務所と、大規模施設設計をメインとする「組織」設計事務所という、建物規模や用途、設計アプローチ、プロジェクト進行が大きく異なるお二人をお招きします。「これからは建物を建てるだけが建築家の職能なのか?」それぞれの視点で、今の建築家の職能と、今後のあり方についてお伺いしました

スキ
47

【宿泊施設対談】「泊まる」をデザインする3人が語った、「ホテル」を解体していく可能性。

今回の対談は、泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」の立ち上げを始めとした多岐にわたるクリエイティブを行う「known unknown」の力丸 聡(りきまる そう)さん、インテリアデザイン等を行うデザイン事務所「M8 design studio」の松尾 政人(まつお まさと)さん、コミュニティホテル「エンブレムホテル」のプロデュース・運営などを行うホテルプロデューサー「(株)リンナスデザイン」の松下 秋裕(まつした あきひろ)さん、以上3名をお招きします。ホテル

スキ
30