THE JOB【無料】記事コンテンツ

18
【後編】写真は人生を変える。写真に向き合う2人の考える仕事、そして後世に残る写真とは。

【後編】写真は人生を変える。写真に向き合う2人の考える仕事、そして後世に残る写真とは。

こちらは対談の【後編】記事です。【前編】記事はこちらからご覧ください。 * デジタルデバイスの普及やSNSがますます活発になり、”写真を撮る”という行為は日常のなかで今まで以上に身近なものとなりました。テクノロジーの進化とともに、より簡単に綺麗な写真が撮れるようになった時代。 写真を職業としている馬渕颯太さんと倉本あかりさんに、ご自身の肩書きや写真への向き合い方、思い出の写真についてなど、写真にまつわる話をお伺いしました。 * 馬渕 颯太(まぶち そうた) 静岡県を拠

14
【前編】写真は人生を変える。写真に向き合う2人の考える仕事、そして後世に残る写真とは。

【前編】写真は人生を変える。写真に向き合う2人の考える仕事、そして後世に残る写真とは。

デジタルデバイスの普及やSNSがますます活発になり、”写真を撮る”という行為は日常のなかで今まで以上に身近なものとなりました。テクノロジーの進化とともに、より簡単に綺麗な写真が撮れるようになった時代。 写真を職業としている馬渕颯太さんと倉本あかりさんに、ご自身の肩書きや写真への向き合い方、思い出の写真についてなど、写真にまつわる話をお伺いしました。 * 馬渕 颯太(まぶち そうた) 静岡県を拠点に国内外問わず、出張撮影をするフリーランスフォトグラファー。サッカーJ1リー

26
やりたいことへの可能性は無限大。学生が思い描く「人をつなぐ場づくり」とは。

やりたいことへの可能性は無限大。学生が思い描く「人をつなぐ場づくり」とは。

今考えていること、興味のあること、これから目指すこと―。まったく別のジャンルを学び、これまで接点のなかった学生が考えていることをかけあわせると、どんな化学反応が起こるのでしょうか。 今回は、スペースデザインカレッジ(取材時)の柳鶴伸子(やなぎつる のぶこ)さんと、商学部でビジネスを学ぶ松尾綾(まつお あや)さんの初対面でのトークで、これから進みたい道に“ある共通点”が見えてきました。 * 柳鶴 伸子(以下、つるちゃん) 保育士を経験したのちに、スペースデザインカレッジにて

17
0→1を生み出し続けるデザイナーに聞く!これからの「つくる」に必要な価値観と視点とは?【前編】

0→1を生み出し続けるデザイナーに聞く!これからの「つくる」に必要な価値観と視点とは?【前編】

全国の眼鏡セレクトショップに展開されている「YUICHI TOYAMA.」デザイナーであり、今や世界的にも活躍するアイウェアデザイナー外山 雄一(とやま ゆういち)。 世代問わず、数多くのミュージシャンや業界人からの支持も熱い、渋谷のアパレルブランド[Milok](ミロック)のデザイナー古口 悠(こぐち はるか)。 ブランドを運営する会社の「代表取締役」を務めながら、「デザイナー」としても、モノづくりの始発点である0→1を自身で担われている両者。日頃から交流のあるお二人に、

36
0→1を生み出し続けるデザイナーに聞く!これからの「つくる」に必要な価値観と視点とは?【後編】

0→1を生み出し続けるデザイナーに聞く!これからの「つくる」に必要な価値観と視点とは?【後編】

こちらは対談の【後編】記事です。【前編】記事はこちらからご覧ください。 * 全国の眼鏡セレクトショップに展開されている「YUICHI TOYAMA.」デザイナーであり、今や世界的にも活躍するアイウェアデザイナー外山 雄一(とやま ゆういち)。 世代問わず、数多くのミュージシャンや業界人からの支持も熱い、渋谷のアパレルブランド[Milok](ミロック)のデザイナー古口 悠(こぐち はるか)。 ブランドを運営する会社の「代表取締役」を務めながら、「デザイナー」としても、モノ

36
【学生対談】大切なのは“妄想力”?建築を学ぶ2人の大学生が考える未来を切り拓くチカラ

【学生対談】大切なのは“妄想力”?建築を学ぶ2人の大学生が考える未来を切り拓くチカラ

ー 今回は現役の建築大学生のお二人、京都工芸繊維大学 大学院生の能村嘉乃(のむら かの)さんと、早稲田大学 学部生の小原美春(おはら みはる)さんにをお招きして、リアルな建築学生の価値観や興味関心、これからの展望について解剖していきます。 * 能村 嘉乃(のむら かの) 石川県出身24歳。 京都工芸繊維大学/建築学専攻/修士3年 小原美春(おはらみはる) 千葉県出身21歳。 早稲田大学創造理工学部建築学科/3年 * 「建築」 × 「  」 、建築学生の頭の中を覗き見

49
食の提案者が捉える「広める」と「伝える」。飲食の情報発信と、その可能性。

食の提案者が捉える「広める」と「伝える」。飲食の情報発信と、その可能性。

昨今において、業界を問わずその重要性がフォーカスされているのが「情報発信」。SNSを始め、コロナウィルス感染症拡大の状況下で大きく発展したオンラインコミュニケーションツール。多様に展開されるビジネスシーンにおいて、適切かつ効果的な販促を行なっていくことは、もはやNEW  STANDARDとなっている。今回はそんな中、現在苦しい状況を強いられている業界の一つ、飲食業界をピックアップ。飲食店の経営者や、「広める・伝える」ことを目的とする事業体の方まで、食に携わる3名をお招きし、幅

27
【建築設計対談】建築家は何にでもなれる? 肩書きの枠を「飛び越える」ものたち

【建築設計対談】建築家は何にでもなれる? 肩書きの枠を「飛び越える」ものたち

一級建築士という肩書でも意匠設計、設備設計、構造設計、施工管理と携わる業種によって求められるスキルが異なります。今回は、意匠設計の「建築家」という肩書に焦点を絞り、その中でも住宅設計をメインとする「個人」設計事務所と、大規模施設設計をメインとする「組織」設計事務所という、建物規模や用途、設計アプローチ、プロジェクト進行が大きく異なるお二人をお招きします。「これからは建物を建てるだけが建築家の職能なのか?」それぞれの視点で、今の建築家の職能と、今後のあり方についてお伺いしました

44